2011年2月25日金曜日

Wi-Fi接続の無線LANルータを持ち込む場合の注意

こんにちは、名古屋の時間貸しレンタルオフィス、レンタル自習室の@Spaceアットスペース管理人の中井です。

さて、今日は朝からネットワークの障害調査。


携帯ノートPCを持ち込んで使用されている会員様のインターネット接続が急に出来なくなりました。

アットスペース内は、外部インターネットへ接続するルーター(ファイアーオール兼務)が3台あり、
持込み携帯専用のルーターが不調なのか慌てて調査に入りました。


原因を考えてみました。
1)この周辺のスイッチングハブが不調か、ダウンしている。(LAN側)
2)持込み携帯ノートPC専用のルーターが不調か、ダウンしている。(WAN側)
3)外部からネットワークに侵入されて、当該ルーターの設定を変更された(WAN側)
4)当該の携帯ノートPC自体になんらかの問題が発生した。

かつてのシステムエンジニアに戻って、調査開始です。

まず、1)調査です。
弊社内のスイッチングハブは、リモートでシステムログが参照可能、さらにインターネットのタイムサーバーと同期をとっているのでログの時間も正確。
早速、ログを調査するが問題イベントは無し!

じゃ、2)の調査です。
これまた、リモートでシスログを参照。特に問題は無し。
実際に他のパソコンから、この携帯ノートPC専用のルーターで外部インターネットへ接続。
しかし、問題無し。ちなみに光ネクスト回線を使っているので早い!早い!

同じく、このルーターをリモートで、3)の調査です。
設定変更ログもイベント無し。
設定したパスワードで侵入でき特に問題なし。

解らん!なんでだ~

最後の4)を調査開始。
TCP/IPはIPアドレス/DNSアドレス自動取得となっており、問題はなさそう!

これは、解らん。
ここまで、2時間経過。

元システムエンジニア、ピンチです。

そこで、空いているパソコンを持ってきて、携帯ノートPCの設定をIPアドレス/DNSアドレスの自動設定にしてテスト開始。

ん!自動取得したIPアドレスがおかしい。
DHCPサーバーの設定がおかしくなったのか。

でも、先ほどリモートで調査したルーターは問題なかった・・・・・・

まさか、LAN上のもう一つのDHCPサーバーが起動しているのでは。
自動取得したGatewayアドレスにping、tracertした。
pingが帰ってきた。

弊社LAN上に、DHCPサーバーが存在する。
これが原因だ。
ここまでで3時間経過。
疲れた。


そのDHCPサーバーは、会員の方が持ち込んだWi-Fi接続用の無線LANルータだった。

【お願い】
Wi-Fi接続用の無線LANルータを持ち込むのは問題ありません。
が、
有線LAN側の設定でDHCPサーバーを機能させないようにお願い致します。
DHCPサーバーは、ネットワークアドレス中に1つしか存在しない前提でございます。

今後は、ネットワーク障害発生時の調査項目にネットワーク中の余分なDHCPサーバー存在確認を追加する事と致します。

良い勉強となりました。
ありがとうございました。

2011年2月9日水曜日

【続】感謝感激!パイオニア 中部サービスセンター

こんにちは、名古屋の時間貸しレンタルオフィス、レンタル自習室の@Spaceアットスペース管理人の中井です。

さて、昨日パイオニアの中部サービスセンターに修理に出したコードレス電話機の続きです。

本日パイオニアの中部サービスセンターから電話がきました。
なんと、修理完了との連絡でございました。

修理期間が1日!驚異のスピード。
こんなに早い修理は、初めてでございました。


パイオニアさん凄いな。

当初、購入して1年も経たない電話機が故障し憤りを感じていました。

しかし、故障しても早い対応をして頂けると、その倍以上 嬉しくなります。

弊社も、このような迅速なサービスを目標としたいと思います。

【追加情報】
故障原因の追及のために、故障した状態で持ち込む事を進められました。
今回は、バッテリーを外して再度取り付けることで障害事象を回復させておりましたので、原因個所の特定が困難であったようです。


最後に、パイオニアの中部サービスセンターの皆様へ
この度は迅速なサービスをありがとうございました。<(_ _)>

2011年2月8日火曜日

パイオニアコミュニケーションズのお客様サポートに感激

こんにちは、名古屋の時間貸しレンタルオフィス、レンタル自習室の@Spaceアットスペース管理人の中井です。

さて、アットスペースで使用しているコードレス電話機が故障しました。
昨年の5月下旬に購入したのもです。
まだ、新しいのに・・・これです。

Pioneer TF-R555

この電話機は優れものです。

親機から子機へのコードレス到達範囲が広い!
親機から離れた場所でも通話がクリア!
親機と子機の間に、障害があっても通話がクリア!
たとえ、フロアを跨いでも通話がクリア!

さすが、パイオニア。
これ工場等の広い場所でも使用できる業務用の用途のようです。

と、満足しておりましたが今年に入り2回障害が発生いたしました。

■1回目の障害)今年の1月ごろ
電話が来たので子機で出ようとしたが、子機の全てのキーが使えません。
ハングアップ状態。
仕方が無く、子機のバッテリーを外し再度、接続。
これで復旧!
ん~バッテリーの接触不良かなと。軽く考えておりました。

■2回目の障害)本日朝
子機の「親機1」グリーンランプが点灯した状態で、その他の全てのキーが使えません。
症状は1回目と同じですが、今回はグリーンの「親機1」ランプが点灯したままでした。


これじゃ駄目だと、パイオニアのサービス窓口に早速、電話連絡いたしました。

ここまでは、ブルーな気分でございました。

修理受付センターの担当者(女性の事務員さん)には直ぐに繋がりました。

驚いたことに、対応が機敏で早い!
受け答えが、とてもとても丁寧で親切!

どっかの、弥生会計・・・とは大違い。

ブルーな気分は、ここで解消!




そして、一番早い対応策として問題の機種を直接パイオニアのサービス拠点へ持込む事にしました。

これまた、中部サービスセンターが地下鉄の浅間町で、アットスペースがある伏見駅から2駅と
かなり近い!

うれしい。

電話して30分で持込む事が出来ました。
このサービスセンターの受付に話すと、既に修理受付センター(先ほど電話していた担当の方)から連絡が行っておりスムーズに迅速に対応して頂きました。

このサービスセンターの受付の女性事務員さんの態度もとても良かったです。(*^_^*)

後は、いつ頃に直って戻ってくるのか楽しみです。

しかし、パイオニアは良い会社だ。
例え、機械が壊れたとしても、パイオニアの製品を使い続けることにします。

昔、タモリの「今夜は最高!」という番組を見ていた時にパイオニアのCMが流れていたのを思い出すな。
パイオニアの音響機器は、高級感があった。
当時、学生だったが欲しかったな。

今後もパイオニアブランドを守ってほしいと切に願います。

ついでに株もと、考えてしまいます。