2011年7月11日月曜日

レンタルPC#19のMicrosoft Officeが起動しない

こんにちは、名古屋の時間貸しレンタルオフィス、レンタル自習室の@Spaceアットスペース管理人の中井です。

さて、レンタルPCの19号機のMicrosoft Officeが起動しない
再インストールを促すエラーメッセージが表示された。

なんてこった!

原因を考えてみた。
通常、レンタルPCはアドミ権限で使用しないので何かをインストールやインストール削除で壊すと考えられない。

前のブログでも気になっていたwindows自動更新機能が何か影響しているかも???

早速、イベントログを調査(この調査できる機能があるのでPCは便利)
すると、以下のエラーイベントが繰り返しロギングされていました。

--------------
Generate Activation Context が c:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\fusion.dll に失敗しました。 参照エラー メッセージ : この操作を正しく終了しました。
--------------
マニフェストまたはポリシー ファイル "C:\WINDOWS\WinSxS\Policies\x86_Policy.8.0.Microsoft.VC80.CRT_1fc8b3b9a1e18e3b_x-ww_77c24773\8.0.50727.6195.policy" 行 0 に構文エラーが発生しました。
--------------


どうも、Windows Updateで「.net framework関係の更新パッチ」が正しくインストールされなかったようです。

これが原因で、Officeが起動できなくなるとは恐ろしい。

早速、事態を解決すべく いつものようにインターネット検索で関連する記事を検索いたしました。
結果、次の気になるページを発見しました。

http://support.microsoft.com/kb/923100/ja
⇒「.net framework」関連のプログラムをすべてロールバック(プログラム削除)して、ロールフォワード(プログラムを導入しなおし)の指示がありました。

【実行】
1.「.net framework」関連のプログラムをすべてロールバック(プログラム削除)
[3.5のプログラム削除がエラーでできない!]
 ↓
インターネット検索で、この事象に関する解決記事を探しました。
クリーンアップのツールを見つけました。
http://blogs.msdn.com/b/astebner/archive/2008/08/28/8904493.aspx

【実行(続き)】
2.上記のクリーンアップツールを導入して.netのオールバージョンをクリーンアップ実施。
3.「.net framework」関連のプログラムロールフォワード(プログラムを導入しなおし)
[2.0のインストールでエラー発生、中断]
 ↓
インターネット検索で、この事象に関する解決記事を探しました。
.NET Framework 2.0 がインストールできない。

【実行(続き)】
4.\WINDOWS\WinSxS\Policiesのフォルダーごと削除
5.「.net framework」関連の2.0から続きプログラムロールフォワード(プログラムを導入しなおし)
6.windows Updateを手動で実行。
  (NET Version 2.0 ~ 3.5 用 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 および .NET Framework 3.5 ファミリ更新プログラム (KB951847))
7.コンピュータの再起動

8.無事にOffice2007すべて起動できました。万歳(^-^)


しかし、Windowsの自動更新でOfficeが起動できなくなるのは問題。
以下の対策を施行することにいたしました。
【今後の対策】

1.Windowsの自動更新機能を無効に設定。
(グループポリシーのコンピュータ管理で設定)
2.上記の更新機能はすべて弊社が手動で行うことにいたしました。

結果的に手間がかかりますが、壊れるよりは良いと判断して、即実行いたすことにしました。

やっぱ、PCはコンピュータなんですね。
維持管理捕保守に手間がかかります。

0 件のコメント: